クレンジングジェルの選び方は?おすすめアイテムについて

私たちはメイクに多くの時間を費やす傾向があります。

ですが、メイクアップと同じ熱意でクレンジングをすることもとても大事です。スキンケアの観点から見ると良いクレンジングを選ぶことは、ある意味メイクをすることより大切なのかもしれません。

クレンジングジェルは商品ごとの特徴がはっきりしているものが多く、あなたのニーズを満たしてくれるものを見つけやすいクレンジングです。

ではさっそくクレンジングジェルについて詳しく見ていくことにしましょう。

クレンジングジェルの特徴は?

クレンジングジェルは、水分・界面活性剤を組み合わせてそれをゲル状にしたものです。メイク落ちを良くするために、ここに油分が加わった製品もあります。

クレンジングジェルは、なめらかなテクスチャーのものが多く、ジェルが肌表面と指の間に弾力を持たせてくれるためクレンジング時の肌への摩擦が少なくすることができると人気のアイテムです。

特に目元周りの皮膚はとても薄くて敏感です。目元周りに肌トラブルが起きやすいという方は、摩擦が起きにくいジェルタイプのクレンジングを試してみると良いかもしれませんね。

ただしクレンジングジェルと一口にいっても様々な種類があり、この中から自分の好みのジェルを選ぶことができるのが、クレンジングジェルの大きな特徴です。

クレンジングジェルに含まれる成分は?

 

クレンジングジェルは、主に水分+界面活性剤+水溶性高分子(増粘剤)の組み合わせで作られています。

具体的にはクレンジングジェルは、約80%の水に、約15%の界面活性剤を加え、ここに水溶性高分子などのその他成分を約5%を配合して作ります。

クレンジングリキッドと成分構成は近く、リキッドタイプに水溶性高分子を加え、粘度を持たせたものがクレンジングジェルとイメージすることができますね。メイクを良く落すために、ここのオイルを配合した製品もあります。

水溶性高分子とは?

水溶性高分子(増粘剤高分子)とは、粘度を調整するための目的で使われる増粘剤です。

この増粘剤高分子は、天然高分子、半合成高分子、合成高分子に分けることができます。以前は天然高分子を使うのが主流でしたが、商品ごとの粘度の違いや、微生物の汚染など品質安定性の懸念から、現在では合成高分子のシェアが大半を占めるようになりました。

この水溶性高分子は、クレンジングジェル以外にも、乳液や、リキッドファンデーションにも用いられ、製品の安定性を保つ役割を持ちます。この水溶性高分子は製品を使用した時の感触に大きく影響を与えるため、様々な種類のものが用いられています。

現在は、HEC(ヒドロキシエチルセルロース)やカルボマーなどが良く使われています。

クレンジングジェルの種類を知って自分に合ったものを選ぼう

一口にクレンジングジェルと言っても、クレンジングジェルには含まれる成分ごとにいくつかの種類があります。この違いを知って、自分に合ったクレンジングジェルを選びましょう。

クレンジングジェルは水性タイプのものが主流ですが、最近は油性タイプの製品も増えてきましたね。水性タイプのジェルは、さらにオイルインタイプとオイルフリータイプに分類することができます。

油性ジェルタイプの特徴は?

油性ジェルタイプはオイルが主成分となっており、クレンジングジェルの中では一番高い洗浄力を持ちます。高い洗浄力と、なめらかなテクスチャーが特徴のとなっています。

ただし洗浄力自体はクレンジングオイルのほうが高いので、しっかりめのメイクをしている方はクレンジングオイルを選んだほうが良い場合があります。

水性ジェルタイプの特徴は?

水性ジェルタイプのものは、水分が主成分となっているため、洗い上がりがさっぱりとしているのが特徴です。

水性ジェルオイルインタイプ

水性ジェルオイルインタイプは、水分をベースにオイルと界面活性剤を配合したクレンジングです。

使い心地や、洗浄力、肌への摩擦の軽減などのバランスに優れたタイプです。ただし、オイルの配合量が少ないため、オイルタイプのジェルと比べると洗浄力は劣ります。

水性ジェルオイルフリータイプ

オイルフリーの水性ジェルは、水分と界面活性剤の組み合わせで作られています。

油分を含まないため、洗い上がりのベタつきがなくさっぱりと洗い上げることができます。ただし、オイルを含まないので洗浄力は低めなので、目元や口元のポイントメイクをしっかりする方は、リムーバーなどを使って先に落としておく必要があります。

クレンジングジェルのおすすめ6選!

ではここからは、6つのおすすめクレンジングジェルを紹介します。

ドクターソワ アマランスマイルドクレンジングジェル

ドクターソワクレンジングジェル

価格:4,000円(税抜き) 内容量:200ml

美容皮膚科が本気で開発したドクターズコスメ ドクターソワ マイルドクレンジングジェル。

ドクターソワは医学的根拠を重要視した製品開発に力を入れているブランドです。マイルドクレンジングジェルは、特にくすみ・毛穴のケアに特化したクレンジングジェルで、広尾プライム皮膚科でも治療前のメイク落とし洗顔料として使用されている低刺激な洗顔料です。

W洗顔不要・濡れた手使用OK

デルマビジュアルズ クレンジングジェル

デルマビジュアルズクレンジングジェル

価格:4,500円(税抜き) 内容量:150ml

本格派皮膚学コスメブランドの開発したメイク落としデルマビジュアルズ クレンジングジェル。

特にニキビの予防や、皮脂が多い方におすすめのクレンジングジェルです。デルマビジュアルズは医療国ドイツにおいて皮膚科専門医や薬局などに商品を供給していた製薬会社を母体とし、植物エキスをベースに最先端の技術を駆使して植物の力を最大限に引きだした注目のコスメブランドです。

W洗顔不要

B.C.A.D ウォームクレンジングジェルバーム

bcadクレンジングジェル

価格:3,300円(税抜き) 内容量:120ml

今話題のユーグレナ(ミドリムシ)配合のB.C.A.D ウォームクレンジングジェルバーム。

B.C.A.D ウォームクレンジングジェルバームは肌馴染み抜群の柔らかいテクスチャーで、肌に乗せた瞬間ふわりと温まってメイクの毛穴詰まりにしっかりとアプローチしてくれます。ユーグレナから抽出した加水分解ユーグレナエキス「リジューナ」配合でクレンジング後のお肌も整えてくれます。爽やかなシトラスハーブの香り。

リダーマラボ モイストゲルクレンジング

リダーマラボクレンジングジェル

価格:2,848円(税抜き) 内容量:150ml

プニプニとしたこんにゃくスクラブ配合の、リダーマラボ モイストゲルクレンジング。

スクラブ入りというと週に1回のスペシャルケアとして使うクレンジング剤が多いですが、リダーマラボ モイストゲルクレンジングはこんにゃくスクラブを配合しているため、毎日しようしても肌を傷つける心配はありません。特に毛穴のたるみ・つまり・ひらきなど毛穴関係の悩みをケアしたい方におすすめのクレンジングジェルです。

W洗顔不要・マツエクOK

チェルラー パーフェクトクレンジングジェル

チルラーパーフェクトクレンジングジェル

価格:4,536円(税抜き) 内容量:150ml

水が主原料でさっぱりとした使用感が特徴の、チェルラー パーフェクトクレンジングジェル。

チェルラー発売元ALMADOは卵殻膜の研究や、卵殻膜商品の開発に定評のある会社です。肌に優しい商品作りにも力を入れており、チェルラー パーフェクトクレンジングジェルはメイクも落とせる洗顔料として開発された商品です。使用感も抜群で、洗い上がりの肌はつるつる・ぷるぷるに。

W洗顔不要

ラチュール クレンジングジェル

ラチュールクレンジングジェル

価格:1,800円(税抜き) 内容量:150ml

夜のメイク落としだけでなく、朝クレンジングとしても使えるラチュール クレンジングジェル。

植物とフルーツの天然成分にこだわったクレンジングジェル。寝ている間にも皮脂は分泌されるため、朝クレンジングもメイク前の新習慣として定着するかもしれませんね。エレガントなのバラの香り。

W洗顔不要・マツエクOK

クレンジングジェルの上手な使い方について

ではここからはクレンジングジェルの使い方についてみていくことにしましょう。

  1. 初めにポイントメイクを落としておきましょう。特に水性タイプのジェルはメイクが落としづらいため、リムーバーなどを使って先に化粧を落としておきましょう。
  2. ポイントメイクを落としたら、クレンジングジェルを適量手に取りましょう。クレンジング毎に肌の上での伸び具合が違うため、商品の説明を良く読むことが大事ですね。またこの時、乾いた綺麗な手でクレンジングジェルを取ることが大切です。
  3. ジェルを手に取ったら、おでこ・両頬・鼻・顎の順番でクレンジングジェルを肌に乗せていきます。水性のクレンジングジェルは、液だれしやすいものが多いので注意しましょう。
  4. クレンジングジェルを肌にのせたら準備完了。指の腹の部分を使って、優しくクレンジングしていきましょう。顔の内側から外側に向かってクルクル円を描くように指を動かしましょう。目元などの皮膚の薄い部分は、特に優しく丁寧にクレンジングしましょう。
  5. クレンジング剤とメイクが良くなじんだら、クレンジングジェルをすすいでいきましょう。すすぎは32・33℃前後のぬるま湯を使い、少しずつ水をなじませていくと汚れを残さずに綺麗に洗い流すことができます。

クレンジングジェルを使う場合の注意点!

クレンジングジェルの注意点として、同じジェルと言っても商品ごとに主成分の構成が異なるということです。健常肌の人と、乾燥肌・敏感肌の人ではクレンジング選びも違ってきます。

そのため、ジェルを選ぶ時には油性・水性などの違いに良く注意して商品を選択する必要があります。

クレンジングジェルはマツエクにもつかえる?

ここまで説明してきたとおり、クレンジングジェルにはオイルが含まれるものと含まれないものがあります。

マツエクをしているかたは、クレンジング剤に含まれるオイルが、マツエクに使われる接着剤(グルー)を溶かしてしまうので、目元にオイルがつくのを避けなければいけません。

この場合マツエク使用OKのアイメイク専用のクレンジングを使うのが一番ですが、ジェルを使う場合には水性のオイルフリータイプならマツエクをしていても使うことができますね。

ただし、洗浄力が低い事が多く、目元にしっかりメイクをしている場合はメイクを落としきれないことがあると思います。

クレンジングジェルで美肌を保とう!

クレンジングを軽視している方も多いですが、美肌のためにはクレンジング選びはとても大切です。そのため、クレンジング選びはとても慎重に行う必要があります。

クレンジングジェルは、テクスチャーが気持ちよく肌への摩擦が抑えられる事から人気のアイテムです。その反面、クレンジングジェルは種類が多くジェル選びを間違うと肌に合わない事も・・

油性タイプ・水性オイルインタイプ・水性オイルフリータイプなど、それぞれのクレンジングジェルの特徴を押さえて、自身のベースメイクや肌質に合わせたクレンジングジェルを選びましょう。