クレンジングリキッドとは?おすすめリキッドや使い方について

クレンジングリキッドは濃いメイクも落とせて、どんな場所でも使いやすいクレンジングです。リキッドファンデーションやウォータープルーフのメイクをしていてもスッキリと洗い流すことができます。

クレンジングリキッドは水ベースのものが多く、水クレンジング・ウォーターリキッドと呼ばれることもありますね。水ベースのさらりとした使用感で、好みの分かれやすいクレンジングですがオイルが苦手な方には人気の高いクレンジングです。

このページではクレンジングリキッドの特徴やおすすめリキッド、使い方、注意点について詳しく紹介しようと思います。

クレンジングリキッドとは?

クレンジングリキッドとは、水分と界面活性剤の組み合わせで作られたクレンジングのことです。油分を含まないため、さっぱりと洗いげる事ができるのが最大の特徴です。

ほとんどのクレンジング剤が油分と界面活性剤の組み合わせで作られているのに対し、クレンジングリキッドは水と界面活性剤の組み合わせで作られているという違いがあります。(一部オイルインタイプもあり)

具体的にはクレンジングリキッドは、約80%の水に、約15%の界面活性剤を加え、安定剤などのその他成分を約5%配合して作ります。ここに増粘剤として、カルボマーやHECなどの水溶性高分子を加えるとクレンジングジェルができます。

クレンジングリキッドは洗い流すタイプの他に、拭き取りタイプもあり、クレンジング剤の中では、クレンジングオイルの次に洗浄力が高いという特徴があります。

クレンジングリキッドのメリット・デメリット

それではここからは、クレンジングリキッドのメリット・デメリットについて詳しく見ていくことにしましょう。

クレンジングリキッドのメリットについて

メイク落ちが良いのでばっちりメイクの方も、簡単にメイクを洗い流すことができます。また、ほとんどの製品がオイルフリーなので、オイルの使用感が苦手な人や、マツエクをしている方も気にせず使えるというメリットがあります。

クレンジングリキッドのデメリットについて

クレンジングリキッドのデメリットは、クレンジングオイルと比べると、洗浄力がやや落ちる点です。またオイルが入っていない分、メイク落としをすべて界面活性剤の力に頼ることになるので、肌への刺激も強くなる傾向にあります。

クレンジングリキッドはこんな人におすすめ

  • オイルフリーでメイク落ちの良いクレンジングを探している人
  • ニキビなどでオイルを避けたい方
  • マツエクをしている人

こんな方にはクレンジングリキッドはおすすめです。

おすすめクレンジングリキッド5選

ではここからは、おすすめクレンジングリキッドを5種類紹介します。

アルファピニ(α PINI)28 ボタニカルリキッドクレンジング

アルファピニ28クレンジングジェル

価格:3,300円(税別) 内容量:120ml

敏感肌でも毎日使える植物生まれのアルファピニ28 ボタニカルクレンジングリキッド。98%以上植物由来というぜいたくな設計で、ベースウォーターは、普通の水ではなくクマタケラン蒸留水を使用しています。17種の植物エキス配合で、リキッドタイプとは思えないとろりとした優しいテクスチャーもポイントです。無香料の自然な香り

W洗顔不要・濡れた手OK・マツエクOK

↓アルファピニ28 ボタニカルリキッドクレンジング公式サイトはこちら↓

⇒http://www.shellwomb.jp/cleansing.html

⇒美容液から生まれた アルファピニ28 ボタニカル リキッドクレンジング

ORBIS(オルビス) クレンジングリキッド

オルビスクレンジングリキッド

価格:1,334円(税別) 内容量:150ml

美容液のようにとろみのあるテクスチャーが特徴の、オルビス クレンジングリキッド。リキッドならではのみずみずしい快適な洗い上がりで、クレンジングオイルのヌルヌルした感じが苦手な方にはおすすめです。洗浄成分を素早く肌から剝すすすぎクイック処方も嬉しいポイントですね。無香料

濡れた手OK・マツエクOK・ノンコメドジェニックテスト済み

↓ORBIS(オルビス) クレンジングリキッド公式サイトはこちら↓

⇒https://www.orbis.co.jp/

⇒メイク落ち大満足!しかもうるおうクレンジング

ロゼット クレンジングリキッド

ロゼットクレンジングリキッド

価格:1,944円 内容量:180ml

洗わない洗顔でおなじみのロゼット クレンジングリキッド。クリームタイプや乳液タイプのクレンジング剤で汚れを浮かせて、化粧水で拭き取って完了。水の硬度が高いフランスではこれが基本的な洗顔スタイルです。洗い流さないことで肌の水分を守ることができるという利点があります。フレッシュハーブの香り

W洗顔不要、ふきとり・洗い流し両用

NOV(ノブ) ACアクティブ クレンジングリキッド

NOVクレンジングリキッド

価格:2,700円 内容量:120ml

NOV(ノブ) ACアクティブ クレンジングリキッドはニキビを積極的にケアしたい方におすすめしたいリキッドです。にきびの原因となる古い角質や皮脂、メイクによる毛穴のつまりをしっかり浮き上がらせて落とすことができます。なお、ニキビ対策にはノブ ACアクティブシリーズのお試しセットがあるので、こちらを購入してみるとお得に試すことができますよ。無香料・医薬部外品

ノンコメドジェニックテスト済み

↓NOV(ノブ) ACアクティブの公式サイトはこちら↓

⇒http://noevirgroup.jp/nov/

⇒オトナ女子のための攻めるニキビ肌ケア

セラムデュー 薬用アクネクレンズ

セラムデュークレンジングリキッド

価格:1,800円(税別) 内容量:90ml

ニキビ対策のクレンジングには、セラムデュー 薬用アクネクレンズがおすすめです。オイルの約1/10の微粒子アミノ酸で、毛穴の奥まですっきり洗い流します。なお、ニキビ対策には薬用アクネローションがセットになった、薬用アクネスターターセットが便利です。無香料・医薬部外品

W洗顔不要

↓セラムデュー 薬用アクネクレンズ公式サイトはこちら↓

⇒http://www.thecare.co.jp/

⇒繰り返す大人ニキビに対応!毛穴から見違える

クレンジングリキッドの使い方について

ではここからは、クレンジングリキッドの使い方について見ていくことにしましょう。クレンジングリキッドには、洗い流すタイプと拭き取りタイプの製品があります。

どちらにも共通している使い方として、まず初めにポイントメイクを落とす必要があります。

手を綺麗に洗った後、コットンを手にとりクレンジングリキッドを気持ち多めに含ませます。コットンにリキッドを含ませたら、目元に10秒ほどなじませましょう。なじませ終わったら、軽く下方向にコットンを滑らせましょう。

同様にまつ毛もコットンで挟んで、下方向に滑らせてマスカラを落とします。アイメイクが終わったら口紅もコットンで拭き取りましょう。ポイントメイクを先に落としておくことで、ベースメイクのクレンジングが楽になり肌への負担も少なくなりますよ。

また、クレンジングリキッドで落とせないポイントメイクは、ゴシゴシと力を込めて落とさずに、専用のポイントメイクリムーバーを使う様にしましょう。

洗い流すタイプの使い方

洗い流すタイプのクレンジングリキッドの使い方は、十分な量を肌になじませるところから始めましょう。リキッドタイプは液だれしやすいので、何回かに分けて肌になじませていくといいですね。

まずは、Tゾーンからリキッドをのせていき、頬からくるくると顔の全体になじませていきます。この時に指の腹を使って丁寧に優しくなじませていくようにしましょう。

リキッドとメイクがなじんだら32℃前後のぬるま湯で洗い流していきましょう。洗い流し終わったら、良く泡立った洗顔料で洗顔を行いましょう。洗顔のあとは、時間をおかずに肌の保湿ケアをしてあげましょう。

拭き取りタイプの使い方

拭き取りタイプの使い方は、コットンに十分にリキッドをしみこませ、顔の内側から外側に向かってメイクを落としていきます。

コットンがある程度汚れたら、新しいコットンにリキッドをしみこませ何度か同じ動作をしましょう。汚れたコットンを使い続けると、メイクが落ち切らないため何回か交換すると良いですね。

小鼻のまわりの汚れなどが気になる場合は、けっして強くゴシゴシこすらずにコットンを押し付けて汚れを浮かせる事を心がけましょう。

メイクが落とせたらしっかり洗顔をして、間をおかずに保湿ケアを行いましょう。

洗い流しと拭き取りどちらのリキッドを選ぶべき?

洗い流しタイプと拭き取りタイプ、どちらのリキッドを使うか迷った場合は、日常的には洗い流しタイプを使用するようにしましょう。

拭き取りタイプはとても手軽で便利なのですが、摩擦によって肌に刺激が入ってしまうというデメリットもあります。疲れてクレンジングがめんどうな日や、旅行先での使用には向いていますがあくまで緊急用と考えていた方がいいかもしれませんね。

クレンジングリキッドの注意点について

ではここからは、クレンジングリキッドを使う場合の注意点について見ていくことにしましょう。

摩擦に注意

クレンジングリキッドを使う場合は摩擦に注意しましょう。クレンジングリキッドはさらりとしたテクスチャーが特徴ですが、オイル・ジェルタイプのような滑りの良さはありません。そのため、やさしいクレンジングをこころがけないと、肌に思わぬ摩擦刺激が入ってしまうことがあります。

肌の刺激に注意

クレンジングリキッドは洗浄力が高く、肌への刺激に注意する必要があります。敏感肌、乾燥肌でお悩みの方はクリームタイプやミルクタイプなどのクレンジングに切り替えるのもひとつの手です。

また、敏感肌の方はクレンジングリキッドを使用する前にかならずパッチテストを行う様にしましょう。

クレンジングリキッドでメイクが落ちない場合

最近のコスメは高機能なものが多く、オイル(油分)の入っていないクレンジングリキッドでは綺麗に落とせないこともあります。

そういった場合は、特にオイルを避ける理由がなければクレンジングオイルを使用するのがおすすめです。マツエクOKのクレンジングオイルも増えているので、洗浄力で困った場合はオイルタイプの使用を検討してみてください。

↓クレンジングオイルのおすすめはこちら↓

人気のおすすめクレンジングオイルはどれ? 選び方・使い方について

2017.02.16

クレンジングリキッドについてのまとめ

クレンジングリキッドは水クレンジングと言われるほどサラサラした使用感が特徴です。

マツエクをしている方や、オイルの使用感が苦手という方もクレンジングリキッドである程度のメイクは落とすことができます。

オイルフリーのクレンジング剤を探している方は、一度リキッドタイプのものを試してみるのも良いかも知れませんね。